カテゴリー「音楽」の18件の記事

ABE-KOBA & Friends-北床宗太郎ユニット- ライブ@銀座TACT

9月12日(金) 銀座TACT

前回の渋谷のライブについては、細かく書きすぎて途中で挫折したので、今回は簡潔に。

19時ちょっと前に銀座TACTへ到着。
久しぶりだったので、周辺で10分くらい迷ったのは内緒。
中に入ると客席には、まだ一人しかいなかったので、最前列に座った。

ステージ上の小林先生のジタンのヘッドと阿部さんが使用するDIには「ABE-KOBA」ロゴが描かれていることを発見。
ドリンクを飲みながら待っていると、肩を叩かれ、振り向くと小林先生、青柳先生が立っていた。
そして、小林先生から右手を差し出され握手を求められたので、「お久しぶりです」と言って握手。
続いて、水曜日に会った青柳先生とも「お久しぶりです」と言って握手。

1stステージは、いきなり阿部さんがギターを持って登場。
そして、続々とメンバーが登場。

ステージ向かって左側から
アコーディオン田ノ岡さん
ベース楠井さん
阿部さん
小林先生
青柳先生
北床さん
奥の中央にパーカッション松山さん

まさに、ABE-KOBA & Friendsの状態でスタート。

演奏曲目は、「スイング'07」から始まり、「エチュード」、阿部さんの「オーシャン・ノワール(だったかな?)」、小林先生の「圭吾ロジー」、青柳先生の「ココロ」など。

2ndステージが「ジャンゴロジー」から始まり、阿部さんの「雅」、小林先生の「旅人」、北床さんの「ちいさい秋みつけた」、「マイナー・スィング」、「VACATION」など。

アンコールで「情熱」が演奏されて終演。

1stステージの阿部さんは半袖の黒シャツで、ちゃんと夏バージョンの衣装を用意していたが一曲目から汗が。
その後は、今から思うとコンサバに演奏が進められたが、小林先生の「圭吾ロジー」が演奏されたあたりに2ndステージへの伏線があったのかも。

2ndステージは、今までに無いラジカルな演奏が進められた。
ABE-KOBAのお二人は、胸に「ABE-KOBA」ロゴがプリントされた黒Tシャツで登場して、本日限定のABE-KOBAグッズ(ロゴ入りTシャツ、ステッカー、9月12日の日付入りミニポスターのセット)販売の告知があり。
北床さんの「ちいさい秋みつけた」では、レゲエ調の曲が演奏され、途中からまさかの北床さんによるボーカル&スキャット!
「VACATION」の演奏前では、エービーイーハイフンケイオービーエーのちょっと苦しい掛け声の練習をしてから演奏がスタートし、各パートのアドリブでは、まず、北床さんが先陣を切って、再びまさかのスキャット!
さらに小林先生もまさかのスキャット!
阿部さんのアドリブソロでは、「僕は歌いませんよ」と言い続けて信念を貫いた演奏が聴け、ほとばしる汗は古い映画だが「フラッシュダンス」を思い出させるほどだった、などなど。
とにかく今までに無い演奏を聴くことができた。

緊張感があった3月の渋谷のライブよりも演奏にまとまりがあり、客席からは爆笑を何度も得られるなど、ステージ、客席が一体となってリラックスしたムードで楽しむことができた。

あえて、苦言を言えばステージ上でチューナーを借りるのは止めた方が良いかと…
また、辛口に言えばABE-KOBAファンクラブ会員限定ライブという雰囲気から、さらに上のレベルへ行ってほしいなと…

ジャズに対してウルサイ人から見るとABE-KOBAのライブは眉をひそめるものなのかもしれない。
しかし、アコースティック・ジャズ・ギター・デュオという難しいイメージのある音楽への敷居の高さを一気に低くして、身近なものに感じさせるABE-KOBAのライブは、ひょっとしたらひょっとするかもと思わせるものがある。
今後も自分なりに布教活動を続けて行こうと思う所存であります。

| | コメント (11) | トラックバック (0)

ABE-KOBA&北床宗太郎ユニット ライブ その六

3月6日(木)渋谷セルリアンタワー2階 JZ Brat

続いて、2ndステージまでの様子などを。。。

休憩時間の間に、北床宗太郎ユニットのギター青柳先生が自分の席のところまで来てくれました。
用件は、インサイダーでお願いしてあったABE-KOBA&北床宗太郎ユニットメンバーのサインを頂くこと。
080311

それが、これsign03皆さんのサインをコンプリートshine

ABE-KOBAのお二人が出演された、NHK-FMサタデーホットリクエストを観覧した時に、御土産としてもらったクリアファイルにサインをしていただきました。

百円ショップで買ったサインペンがとてもありがたいものに変わった夜でしたhappy02

このサインペンは、後にもう一度活躍することになります。

2ndステージが始まるまでの間は、青柳一派が陣取るテーブル席へ移動して、しばしの歓談。

ほとんどの方々とは、久々にお会いしたのですが、1stステージの興奮冷めやらぬという感じで、時間を忘れて話しこんでしまいました。

そうこうするうちに、時刻は20時50分頃になり、2ndステージへ向かうABE-KOBA&北床宗太郎ユニット、総勢7名の登場に気がついて、あわてて自分の席へ戻ったのでした。

その七へ続く。
はず。

ABE-KOBA&北床宗太郎ユニット ライブ その五の補足
四曲目の阿部さんの新曲タイトルを考えました。
「Moving Fast!」というのは、いかがでしょうかnotes

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ABE-KOBA&北床宗太郎ユニット ライブ その五

3月6日(木)渋谷セルリアンタワー2階 JZ Brat

続いて、1stステージ・ABE-KOBAの演奏などを。。。

ステージに登場したメンバーは、奥にパーカッションの松山さん、ステージ中央に小林先生、向かって左端のピアノの前に阿部さんでした。

ステージに置いてあった3つのボリュームペダルは、小林先生が使用する2本のギター(ナイロン弦のDupontとシルク&スチールのDG-250M)の出力切換え用と、阿部さんのギターの出力を繋げるためのものだったことが分かり、これもまた、新鮮な驚きという感じでした。

演奏開始前に、どうやら阿部さんのギターのネックが譜面台に触れてしまったらしく、レアなシーンを目撃できずにちと後悔sad

ABE-KOBAの演奏は20時ちょっと前から、噂に聞いていた「こんばんは、あべこばでーす」の一声と共に、一曲目の「Etude」から始まりました。
演奏が終わるとABE-KOBAのお二人により、今夜は客席の皆さんをヨーロッパへ連れて行きますとか、CDは何度も聴くと擦り切れるものだとか、慣れた感じのトークが展開されました。
と言っても、ABE-KOBAファンの有料入場者としてライブへ行ったのは、実は、今回が初めてだったりしますcoldsweats01
また、JZ Bratの今夜のカクテル「フレンズ」が紹介されました。
ピーチな感じの「フレンズ」は、お酒が飲めないので残念ながら飲めませんでしたが、ABE-KOBA&北床宗太郎ユニットを一言で表すナイスなネーミングだったと思います。

二曲目は「小春日和」で、小林先生がDG-250Mに持ち替えて演奏をされましたが、高いギターではないDG-250Mを弘法筆を選ばずという感じで演奏されていたのが印象的でした。って、Blue Dragで聴いた時からそう思ってましたが。

三曲目は「オーシャンゼリゼ」でした。
もうこのあたりで、小林先生がどのギターを使っているかとか覚えていられないほど、ライブに集中してきました。

四曲目の演奏前に再び松山さんがステージに加わり、阿部さんの新曲が披露されました。
新曲タイトルのイメージは、静から動へ、動から静へというものでした。
この曲もタイトルを考えたら、下心丸出しでオファーしようかと思いますhappy02
小林先生がバッキングに回る時は、ボリュームペダルを僅かに戻してソロの時より音量を絞っていることを発見し、自分もボリュームペダルを持っているので参考にしようとか思ったりcoldsweats02

五曲目は「Gitan」でした。
細かいことは、もう覚えていられない状態で、演奏中の阿部さんの眩しい笑顔と、演奏が終わってからの「コバヤシケイゴー」とシャウトされたことが印象的でした。

そして、1stステージ・ABE-KOBAの演奏を締め括ったのは六曲目の「情熱」でした。
曲紹介で既に拍手が沸き、通常は3ヶ月で入れ替わる「美の巨人」のエンディングテーマとして、今でも番組の終わりに流れているのは「情熱」が好評とのことで3ヶ月延長になったこと、最後の放送では「泣いちゃうかもしれない」というエピソードが紹介されました。

松山さんのシンバルで始まった「情熱」の演奏が終わり、拍手の中、ABE-KOBAのメンバーがステージを降りたのは20時半頃。
店内は明るくなり、2ndステージまでの暫しの休憩となりました。

ステージに集中していたので気がつきませんでしたが、周りを見渡すと、カウンター席に3名ほどの余裕があるくらいで、テーブル席は満席sign03
今回は、ギリギリに予約の電話を入れたのに、思った以上に良い席へ案内されてラッキーでしたが、次回からは早めに予約をしようと思ったのでした。

その六へ続く。
はず。

ABE-KOBA&北床宗太郎ユニット ライブ その四の補足
六曲目の「シェルブールの雨傘」を演奏した時、北床さんは椅子に座らず立ったまま、気合の演奏をされていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ABE-KOBA&北床宗太郎ユニット ライブ その四

3月6日(木)渋谷セルリアンタワー2階 JZ Brat

続いて、1stステージ・北床宗太郎ユニットの演奏などを。。。

ステージに登場したメンバーは、向かって右端から、ベース楠井さん、ギター青柳先生、ヴァイオリン北床さん、ギター西村さんでした。

フロントの3名が椅子に座って、北床さんのソロから演奏が開始されました。
ステージに置いてあった3つの椅子は、北床さんが座って演奏するためのものだったことが分かり、ステージ中央で椅子に座って演奏するというのが新鮮な驚きという感じでした。
Blue Dragこんな感じの背の高い椅子に座って演奏することはありましたが。。。

北床さんがメインとなって演奏する一曲目の演奏が終わり、続けて二曲目の演奏が始まりました。
イントロを聴き、「Nuage」だと思って、心の中ではちょっと小躍り。ソロは西村さんでした。

二曲目の演奏が終わったところで北床さんが立ち上がり、マイクに向かって話し始めました。
今まで見たことの無いような緊張した表情に思えましたcoldsweats02
北床さんの演奏は、今までと同様、でもトークに関しては、どう反応していいのか判断に迷うような客席数、雰囲気の店でしたので、自分もちょっと緊張していたのかもしれません。

三曲目は青柳先生のソロが入った「Swing Gitane」でした。
演奏が終わったところで、北床さんのトークも調子がだんだんと出てきたようでした。

四曲目の演奏が終わったところで北床さんが、またまたマイクに向かってトークを展開しましたが、この時点で、話しがスベるところがウケるというパターンが出来上がっていたように思います。

五曲目は童謡の「たき火」を三拍子にアレンジしたものでした。
童謡ですのでメロディラインは簡単なのですが、三拍子のアレンジは、なかなかの難曲という印象を持ちました。
この曲を紹介する時に、童謡が好きで、いろいろな童謡をいろいろなスタイルで演奏している、というエピソードをトーク展開していたところで、ついに爆笑をゲットしましたcoldsweats01

続いての演奏前にベースの楠井さんが紹介されました。若くは見えたけど、大学卒業間近とは驚きでしたwobbly
そして、1stステージ・北床宗太郎ユニットの演奏を締め括ったのは六曲目の「シェルブールの雨傘」でした。
トークで爆笑した後に、この「シェルブールの雨傘」を聴いたのなら、北床さんの演奏を初めて聴いた人でも、ヴァイオリンの音色が深く印象に残ったのではないかと想像しますwink

拍手の中、北床宗太郎ユニットのメンバーがステージを降りると、入れ替わりにABE-KOBAのメンバーが登場するのでした。

その五へ続く。
はず。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ABE-KOBA&北床宗太郎ユニット ライブ その三

見逃せない書き込みを目にしたので、大胆にも公式ブログに対してトラックバックすることにした。
それは、ABE-KOBA&北床宗太郎ユニットのライブを定期的に。。。の一文。
先日のライブで、JZ Bratメンバーズクラブに入会しておいて良かった。。。
メンバーズクラブのステップアップ特典というのがすごいんだわ。
こんなに割引してもらっていいの?って感じなくらい。

ちなみに、公式ブログに対してトラックバックしてる人は、まだ誰も(現時点)いない。。。

その四へ続く。
はず。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ABE-KOBA&北床宗太郎ユニット ライブ その二

3月6日(木)渋谷セルリアンタワー2階 JZ Brat

続いて楽器関連などを。。。

席に案内されたら思っていた以上に良い席でした。

ステージ中央奥には、コンガカホン、シンバルなどのパーカッション類が置かれていました。

向かって右側にはウッドベースが横たわっていて、その前列には4本のギターが並べられていました。
そのうち、2本は見覚えのあるナイロン弦DホールのDupontとシルク&スチール弦のGitane DG-250Mでした。

ギターの手前には椅子が3つ置かれていましたが、この時点では「なぜに椅子が3つ?」という疑問がありました。

椅子の手前には、見えただけでもDIが6個ほど床に置かれていました。これも「メンバーの人数は多いけど、やけにDIの数が多いな」という疑問が。。。

さらに床には、ボリュームペダルが3台置かれていました。

ひとつは、ステージ左側のピアノの前に、残り2台はステージ中央に並べて置いてありました。これも「なぜにボリュームペダル?」という感じで。。。

19時も20分ほど過ぎたところで、ヴァイオリン・北床さん、ギター・西村さん、ギター・青柳先生、ベース・楠井さんが客席の奥から登場し、北床宗太郎ユニットの演奏が始まったのでした。

その三へ続く。
はず。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ABE-KOBA&北床宗太郎ユニット ライブ その一

3月6日(木)渋谷セルリアンタワー2階 JZ Brat 19時20分頃開演

まずは曲目を。。。

北床宗太郎ユニット

1.シカゴ
2.ヌアージュ
3.スイング・ジタン
4.ペントアップハウス
5.たき火
6.シェルブールの雨傘

ABE-KOBA

1.エチュード
2.小春日和
3.オー・シャンゼリゼ
4.阿部さんの新曲
5.ジタン
6.情熱

ABE-KOBA&北床宗太郎ユニット 20時50分頃開演

1.スイング'07
2.ジャンゴロジー
3.セ・シ・ボン
4.小林先生の新曲
5.ラ・メール
6.オールオブミー
7.マイナー・スイング
8.バケーション
-アンコール-
9.スペイン

21時40分頃終演

カタカナ曲名は、ちと違和感あるかな。。。
間違い等の突っ込みがあればどうぞ。。。

小林先生の新曲タイトルを考え、採用されればという下心丸出しでオファー済み。
阿部さんの新曲タイトルは、考えてるイメージを英語にするのに悩み中。

その二へ続く。
はず。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ABE-KOBA&北床宗太郎ユニットのライブ

3月6日(木)、渋谷のセルリアンタワー2階にあるJZ BratでのABE-KOBA&北床宗太郎ユニットのライブへ行ってきました。
大阪、名古屋ツアーを終了したという意味ではABE-KOBAの凱旋ライブと自分では思って行きました。
しかも、ABE-KOBAと北床宗太郎ユニットの組み合わせというのも非常にそそるものがあったので、仕事を休んで万全の体制で臨みました。
きっと同じ場にいらしているのだろうと思っていたLUMさん、ののさんと帰る間際にお会いできたことは、やはり「情熱」の成せる「出会い」でしょう。
というところで、詳細は後日に。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ABE-KOBAの公式ブログなの

うぅっ。。。orz
1月もヨロヨロのぐだぐだ。。。orz

と、そこにABE-KOBA公式ブログの知らせが。。。

とりあえず近場でのライブは無いみたい。
2月は、大阪を制圧しにへ御挨拶に行くらしい。
ラジオ出演は、大阪支部にエアチェックを頼もうかな。

早くABE-KOBAのライブに行けるように、ヨロヨロのぐだぐだ状態から抜け出したいなぁorz

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ABE-KOBAの布教活動の後日談なの

11/10(土)
NHK-FMサタデーホットリクエストの公開放送からの帰り道。
ABE-KOBAのデビューCD「情熱」を布教活動の一環としてプレゼントさせていただいた、1店舗としては日本で2番目にTaylorの在庫が豊富な某楽器店を閉店間際に訪ねた。

続きを読む "ABE-KOBAの布教活動の後日談なの"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

音楽