« ABE-KOBAの布教活動の第2弾なの | トップページ | ABE-KOBAのNHK FM公開生放送なの »

千駄木Django楽団なの

11月8日(木)
21時少し前、バス停に立つ。
数分後に来たバスに乗り込み、携帯端末を利用して乗り継ぎ状況を調べる。
別路線のバスが数分ほど後方を走行していることを知り、乗り継ぎを決意して降車する。
が、降りたバス停では、そのまま乗り継ぎができないことを知る。

別路線用の同名バス停が数十メートル離れた所にあることを理解し、2時間ドラマで時刻表トリックを使う犯人のように、本来のバス停へ向かって走る。
交差点の角を曲がりバス停を視界に捉えたところで、乗るべきバスが近づいて来るのを確認。

「バス停に向かって走っているんだ!乗るぞ!」という強い念を伝えながら都営バスの操縦士とアイコンタクト。
待つ客のいない場所にゆっくりと停車したバスは前扉を開ける。
投げ銭を放り込み、都営バスの操縦士に謝意を込めて「アミーゴッ!」と声をかける。
再びバスが動き出し、10分ほどで団子坂に到着する。
去り行く都営バスの操縦士へ、横断歩道の中心で「アミーゴッ!」と叫ぶ。

目的地は千駄木のJazz Club Django
Jazz Club Djangoには、行ってみようという気持ちと共に敷居が高そうだという気も有って、今までライブを聴く機会が無かった。
頭の中には、だいたいの場所しか入っていないため、こちらの方向のはずと思った方へ歩を進めた。
時刻は21時を20分ほど過ぎ、2ndステージの途中と思っていた。
しかし、予期せぬ出来事が発生した。
横断歩道を渡りきったところで後方から怪しい二人組に声をかけられた。
こんなところで名を呼ばれることは予期していなかったので、あまりの驚きに奇声を発してしまった。
よく見ると怪しい二人組は、千駄木Django楽団の小林先生(Gt.)と北床さん(Viln.)だった。
ステージが遅れるという想定の範囲内の出来事があり、これから2ndステージが始まるという素敵なタイミングだった。
Sendagi_0_1
2ndステージ1曲目「Les Parapluies de Cherbourg-シェルブールの雨傘-」の演奏に続いてメンバー紹介となるところで、北床さんが喋ること喋ること。
Sendagi_1_1
2曲目「Satin Doll」の途中で、演奏を収録していたカメラが容量の限度に達して勝手に撮影を終了してしまったので、その後は普通に聴きに入った。
Sendagi_1_2
3、4曲目の順番を忘れてしまったが「Made in France」と「La Mer」を拝聴した。
途中で素敵な女性が来店。
空いてる席が無かったので、同じテーブルで相席となった。
そして、2ndステージのラストナンバー「Minor Swing」の演奏となった。
”やねせん JAZZ FESTIVAL'07”での演奏後には、しばらく拍手が鳴り止まなかったというエピソードの後に聴かせていただいたが、まさに納得の演奏。
持参したカメラで演奏を収録しなかったのを悔やんだ。
今になって、”やねせん JAZZ FESTIVAL'07”は体調絶不調で断念したのを思い出し改めて悔やんだ。

3rdステージ前の休憩で、ABE-KOBAのデビューCD「情熱」にサインをもらっている隣のテーブルの方を見て、自分もすかさずフライヤーにサインを要求。
それが↓これ。
Sendagi_s
「情熱」のCDにサインをしてもらおうかと思っていたが、阿部さんと同時にサインをもらわなければコンプリートしたとは言えないという論理で今回はCDの持参を見送った。
CDの話題の中で小林先生がビッグになっても「Djangoなんて店、知らねえなんて言うなよ」と言われていたのは気さくなマスターだった。
また、相席となった女性と我が師匠がDjangoでセッションに参加していたというお話しも聞かせていただいた。

3rdステージ1曲目「C'est Si Bon」の演奏が終わったところで、北床さんが「次の次の曲でゲストに演奏していただきます」という感じのことを言われ、自分の目の前に座られていた女性がバイオリンのスタンバイを始めた。
2曲目「Pent Up House」に続いて、3rdステージのラストナンバーに柴貴子さん(Viln.)が加わり「All The Things You Are」を拝聴。
途中、ギターとベースの音を無くして、バイオリン2本による即興演奏がごっつええ感じだった。
Sendagi_2
アンコールの「Autumn Leaves」を堪能したところで、終演時間は23時を過ぎていた。
Sendagi_a
帰りの電車がとても気になる時間となっていたため、余韻に浸る間もなかったが、11月30日(金)午後7時半よりstudio FOURにて、柴さんと北床さんのライブがあることを教えていただき、会計を済まし、三浦さん(ba.)に御挨拶して店を後にした。

千駄木の駅から乗った電車は、乗り換えの駅で終電にタイミング良くつながることを知り、素敵なタイミングが大切であるとしみじみと感じた一日だった。

|

« ABE-KOBAの布教活動の第2弾なの | トップページ | ABE-KOBAのNHK FM公開生放送なの »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/482903/8858954

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木Django楽団なの:

« ABE-KOBAの布教活動の第2弾なの | トップページ | ABE-KOBAのNHK FM公開生放送なの »